Projection Mapping

        [cft format=1] 2018年1月20日に福島県いわき市小名浜にて「小名浜まちなかコンサート」が開催されました。小名浜の方々に良質な音楽をより身近に感じて頂こうと、小名浜の市民団体によって毎年開催されています。 今年の開催では、300人超の市民の方々が来場されました。 Trio Accord FVPの皆様の素晴らしい演奏に合わせて映像が変化する、“宙にかかる天の川” を会場にインストールし、演奏と映像の融合を来場者の方々に楽しんで頂きました。 “天の川“は幅2m40cm、長さ30mの巨大な緩衝材の帯3本から構成されています。 使用した緩衝材は通常の5倍ほど粒が大きく、非常に複雑で美しい光の反射を見せます。 演奏はその場で映像に変換され、ステージから客席に向かって音が視覚的に迫るような演出を行いました。         ...

        [cft format=1] 2017年11月23日に「明治大学アカデミックフェス」が開催されました。「知の三乗」をコンセプトに、同時多発的に多様な領域をテーマに、新しい「知」のあり方について活発に議論が行われました。 会場である「明治大学アカデミックコモン」にて、天井面へのプロジェクトマッピングをデジタルスタジオが行いました。ガラスのカーテンウォールをまたいで、建物外から内へ流れる映像を制作、投映しました。 今回のプロジェクションマッピングは通りからも眺めることができます。都市の一部が有機的に動き出しているような、日常に溶け込むデジタルアートとなりました。                 ...

        [cft format=1] 文化庁委託事業 「ジャパン×ナントプロジェクト2017」 において、フランス国立美術館 “リュ・ユニーク” へのプロジェクションマッピング。 日本のアールブリュット(生の芸術)作家の作品を展示する「KOMOREBI展」前日にプロジェクションマッピングは行われ、日本独自の感性であるKOMOREBIのコンセプトを映像で表現し、展覧会へのより深い理解を促す役割を担いました。 リュ・ユニークのタイムカプセルの並ぶ高さ18m、幅44mの半透明壁面に映像を投映し、繊細かつダイナミックでエネルギーに溢れた日本のアールブリュット作品達が壁面に映し出されました。            ...